クラリーとメドーの混乱

Confusion of Clary and Meadow

Last updated 2014-11-08

Home > What is Salvia? - サルビアとは?

1.様々なクラリー

サルビアやセージの仲間には,ややこしい名前,混同し易い名前の品種が多いです.特に,「クラリー」は代表例で下のどれもが別物です.但し,バチカンクラリーは普通のクラリーセージの変種に過ぎません.

どうでしょうか? これでは間違えるなという方がおかしいですよね.

Claryの意味は,"clear eye"が変化したものだそうです.その昔クラリーセージの種を利用して,目に入った異物を取ったそうです.桐原さんのセージブックによれば,種子を水に浸した粘液を使ったそうです.上記のサルビアは使い方の共通点があったのだと思われます。

Salvia sclarea
クラリーセージ(Salvia sclarea
大きな蕾からきれいな花が顔を出す.
(1999-05-29)

Salvia viridis
クラリー(ペインテッドセージ,Salvia viridis)の種
湿った土に置くとたちまち白い粘膜で覆われた
(2001-09-23)

2.メドーセージの混乱

さらに,Salvia pratensisはMeadow sage,つまりメドーセージ(メドゥセージ)と呼ばれていますが,日本ではなんとSalvia guaraniticaの事をメドーセージと呼んでしまっています.

日野春ハーブガーデンやおぎはら植物園のカタログでは,間違いを正すべきだと主張していました.まったくもっともな話ですが,一般園芸店で売られているSalvia guaraniticaに関しては,すっかりメドーセージが定着してしまっているようです.

ところで,Meadowというのは草原,牧草地の意味です.なんとなく育った環境が分かりますね.

Salvia pratensis)
サルビア・プラテンシス(Salvia pratensis
春に開花する
(2002-05-04)

Salvia guaranitica
サルビア・グアラニティカ(Salvia guaranitica
青い美しい大きな花
(2010-06-11)


Home